お知らせ

学校の色覚検査で色覚異常疑いと言われた方へ

2017年09月27日

学校での色覚検査の結果で異常疑いとなった時には・・・

まずは、心配しなくていいいですよ!

思わぬ結果に戸惑っておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、もし本当に色覚異常があったとしても、生まれつき血液型がいろいろあるのと同じで、色の見え方のタイプが大勢とは異なりますが病気ではありません。日本人男性の20人にひとり、女性の500人にひとりは先天色覚異常です。女性の10人にひとりは保因者です。不便なことがあるかもしれませんが、悲しいこと、かわいそうなことではありません。

ただし、本人や周囲の人が色覚の特徴を理解し、少し注意や工夫をすることで、誤解や行き違いを防ぐことができます。

自分の色覚の特徴を知るためにも、必ず眼科を受診しましょう!

(学校での色覚検査だけで診断することはできません)

⚫︎かかりつけの眼科がある場合は、まず問い合わせをして、予約が必要か必要ないのかを確認してから受診しましょう。

⚫︎眼科で必要な色覚検査は、

①仮性同色表(石原色覚検査表II国際版38表、標準色覚検査表第1部先天異常用など)

色覚異常があるかどうかのふるい分けに使用します。標準色覚検査表では、ある程度のタイプ分類もできますが確定診断はできません。

②パネルD15色相配列検査

色覚異常がある場合、程度判定に使用します。この検査をパスするときは軽度(中等度以下)、フェイルするときは強度と判定します。

⚫︎色覚異常が本当にあるのかないのか、色覚異常が1型か2型か、2色覚か3色覚か、という確定診断をするためには、アノマロスコープ検査が必要です。
しかし、日常生活や進路を考慮する上で最も大事なこと軽度(中等度以下)か、強度かを知ることです。

⚫︎当院では現在、主に、水曜日午後5時ごろからと、金曜日午後2時ごろから、ふたり体制で予約制の色覚外来を行なっております。この時間帯が無理な方には、土曜日の午後に院長戸田が対応しています。色覚外来をご希望の方は、まずはお電話をいただければ、日程調整をさせていただきます。

 


一覧に戻る

CLINIC INFO

京都市下京区 四条大宮 眼科往診 色覚外来 戸田眼科

主な診療内容

  • 色覚外来
    (色覚異常の検査と相談)
  • 眼科往診
  • 緑内障
  • 白内障
  • 網膜疾患
  • 屈折異常
    (近視・遠視・乱視・弱視) 

クリニック所在地

〒600-8396
京都市下京区猪熊通仏光寺下ル槌屋町325-1

TEL.075-811-4052

  • 阪急電鉄京都線
    「大宮」駅 徒歩5分
  • 駐車場:1台

マップを見る


このページの先頭へ